新聞・雑誌広告のご紹介


2016年1月~4月

「世の中を動かす細胞。アルプス」編


2017年1月~

「テクノロジーで未来へつなぐ」編

新聞広告(クリックすると拡大して表示します)

2017年07月~

つなぐ技術を磨く。
安全を未来へつなげるために。

【車載用V2X通信モジュール】
車と車、車と人、車とインフラを、確実につなぐ。

アルプス電気は長年培ってきたコネクティビティ技術を駆使しながら、自動車メーカーと一体となって、誰もが安全・安心な車社会の実現に取り組んでいます。例えば、日本のみならず欧州・北米など海外の仕様にも対応する世界初の車載用V2X通信モジュール。周りの車や歩行者の位置情報など、車車間・路車間・歩車間の通信で事故を防止する、先進的な交通安全システムの構築に貢献します。車も歩行者も街のインフラも、すべてがつながることでより確かな安全へ。多彩な製品と技術で、安心・安全・快適なカーライフを未来につなぐアルプス電気です。

新聞広告(クリックすると拡大して表示します)

2017年04月~

触感を生み出す。
マシンと人の心をつなぐために。

【ハプティック®トリガー / ハプティック®リアクタ】
硬さや柔らかさ、さまざまな感触を再現。

操作した感覚をユーザーへフィードバックするハプティック®は、新たなヒューマン・マシン・インターフェースの価値として注目を集めています。この分野で長年の実績・ノウハウを持つアルプス電気が新たに開発したハプティック®トリガーは、つかみ心地をリアルに表現。さらに、素材の質感、振動、温度などを再現する多彩な製品も展開しています。今後、エンターテイメントや医療、介護などさまざまな領域で、今までになかった便利や快適や感動がハプティック®から次々と生まれてくるはず。新感覚のインターフェースでマシンと人をより豊かにつなぐアルプス電気です。
※ハプティック®はアルプス電気の登録商標です。

新聞広告(クリックすると拡大して表示します)

2017年01月~

もっと簡単につなぐ。
IoTを早く身近にするために。

【IoT スマートモジュール】
4つのセンサと通信モジュールを1パッケージに。

気圧・光・温湿度・6軸(地磁気+加速度)の各データを取得し、低消費電力のBluetooth®で情報送信できるセンサネットワークモジュールです。外部インターフェースにより他のセンサも接続可能。ウエアラブル用途に対しても、指輪やメガネなどに組み込める超小型サイズのコンポーネンツで構成されています。例えば、作業者の体調管理や、安全管理に。ヘルスケアやフィットネス、介護の分野で。IoTを手軽に実現できるこの開発キットで、あなたならどんなソリューションを創造しますか。多彩な製品と技術で、より快適・便利なIoT社会へつなぐアルプス電気です。