アルプス電気のあゆみ

いま、私たちが伝えたいのは、「美しい電子部品」の遺伝子。
技術の粋を結集した機能に加え、環境にも配慮した「美しさ」を備えた電子部品を追究し、
未来へと、その遺伝子を継承していきたいと考えています。

1980

世界4極生産体制を確立

海外生産体制も一段と充実し、世界4極生産体制を確立しました。ニューメディアが台頭する情報化社会の進展とともに、新たな技術開発を推進。フロッピーディスクドライブやマウスに代表される情報機器系の新製品が次々に登場しました。

事業展開

製品

 
香港事務所開設。
3月

1980

5月
フロッピーディスクドライブの製造販売を開始。
 
 
台北事務所開設。
3月
 
エレクトロ・ジャイロケータを本田技研工業株式会社と共同開発。
8月

1981

 
タクトスイッチ®の生産を開始。
8月
エレクトロ・ジャイロケータを発表。
 

1982

 
可変抵抗式センサの生産を開始。
 

1983

1月
VTR用シリンダの生産を開始。
マウスの生産を開始。
 
 
イギリスに「アルプス・エレクトリック(UK)」設立。
11月

1984

 
アップル社のガーデングローブ工場を買収、9月より稼働開始。
8月

1985

1986

 
8mmVTR用ヘッド発表。
 
 
韓国に「韓国アルプス」設立。
2月

1987

 
アイルランドに「アルプス・エレクトリック・アイルランド」設立。
3月

1988

 
マレーシアに「アルプス・エレクトリック・マレーシア」設立。
4月

1989

 
コードレス電話用送受信ユニット発表。