お客様との関わり

知的財産

 アルプス電気グループはものづくり企業として、正しい知識・理解を持ち、皆様に安心して当社の製品やサービスをご利用いただけるよう知的財産の創造・保護・活用を行っています。
 知的財産活動を企業の持続的な成長に資する事業活動のひとつと位置付け、成長基盤となるコア技術・製品の領域において自社創出の知的財産の強化を図り、一方、早期に新技術の導入を目指す領域においては大学や他社との共同開発・アライアンスにより知的財産の創造・活用のスピードアップに努めています。

基本方針

知的財産基本方針

プロダクトライフサイクルと連動した知的財産活動

 アルプス電気グループでは、事業や商品群の創生、成長、成熟などにわたるプロダクトライフサイクルをCTB(Create the Business)、GTB(Get the Business)、MTB(Maintain the Business)、WTB(Watch the Business)と区分けし、それぞれ異なる知的財産戦略を実践しています。
 CTBからGTBの時期には、知的財産権の自社創出による出願・権利化をはかると共に、外部とのアライアンスやライセンスなどの活動の支援を行います。一方で、MTBからWTBに移行する時期には、新事業への転用並びに事業撤退を検討します。知的財産のCTBからWTBへのサイクルを回すことで市場変化の激しい業界での生き残りと成長を確保する活動を行っています。

プロダクトライフサイクルと連動した知的財産活動

多面的活動による知的財産品質向上へのチャレンジ

 保有知的財産の強化と品質の向上、グループ・グローバルでの知的財産管理体制の強化、知的財産教育の徹底を第8次中期経営計画の知的財産方針としています。独自の知的財産指標を用いた知的財産の質の評価とそれに基づいた戦略的出願・権利化、複合的活用、教育など、多面的な活動により知的財産の質の向上へチャレンジします。

―グループ・グローバル活動における効率と効果の追求―

 アルプス電気グループ内での知的財産インフラ整備と調査・分析ツールの共通化を通し、知的財産情報の共有と権利の相互活用、共同での調査・分析をはかり、知的財産の権利化・活用・調査・分析の効率と効果を追求します。更にグループ・グローバルの出願・係争体制を構築し、グローバルビジネスの拡大に貢献します。

―知的財産の複合的活用による企業価値の向上―

 アルプス電気グループでは、特許、意匠、商標などを複合的に活用した活動を通し、グループ・グローバルの事業展開に貢献すべく戦略的に活動していきます。2016年度には、当社商標であるHAPTIC™のロゴを新たに作成し、国内外に商標出願することで当社触覚技術を用いた製品のブランドイメージ向上を図る等、知的財産の複合的活用により当社製品の技術、外観、ブランドからなる競争力を保護し、企業価値の向上に努めています。

―保有知的財産増強の取り組み―

保有特許(利用可能特許)の強化

 新製品の企画・開発初期の段階において、製品展開が想定される製品群に共通する特徴を抽出し基礎的な知的財産権の出願を行うと共に、市場動向や製品化動向に応じた外国出願により保有知的財産の増強を図ります。
 また、複数の事業領域にまたがって使用される技術を軸にした知的財産ポートフォリオの構築等の横断的活動を行うため、技術部門と知的財産部門とで定期的に戦略会議を開催し、事業創出ステージに応じた取り組みを行っています。
 国内外における特許等出願も強化を継続しており、2017年度には、800件超の出願を予定しています。

―独自の知的財産指標と報賞制度の両輪による知的財産活動の推進―

 アルプス電気グループでは、独自の知的財産指標を用いて保有知的財産の質を見える化し、市場動向・製品動向の変化などに対応した戦略的出願・権利化をし、活用できる知的財産ポートフォリオの構築を行っています。また2016年度には知的財産取扱規定を改定、新たな報賞制度を導入し、発明に対するインセンティブを高めています。例えば、製品開発・技術開発を行うチーム単位での知的財産活動を独自指標等に基づき評価し報賞する等、知的財産指標と報賞制度の両輪で知的財産活動を推進しています。