環境への取り組み

環境負荷の少ない製品づくり

安全で環境に配慮した製品供給のために

 近年、製品含有化学物質規制は世界各国で導入され、かつ強化される傾向にあります。こうした環境の下、企業は、製品含有化学物質に関して速やかな情報伝達が求められています。
 アルプス電気グループでは、材料・部品の調達から製品の組み立て加工・出荷までのプロセスの中で有害な物質を使用せず、製品に含有させることがないように、グリーン調達基準書を策定し、基準に基づいた資材購入を行っています。
 また、資材を購入するお取引先様へは環境への取り組みを評価する「環境企業評価」を実施。アルプス電気グループでは、地球環境の保護に対し、十分な理解を持って事業運営を行うお取引先様からの購入を優先しています。

開発時における製品アセスメントの実施

 アルプス電気グループでは、製品の開発・設計段階から製品の環境への影響を評価する「製品アセスメント」を実施し、多くの環境配慮型製品の開発につなげています。例えば、製品の小型化・薄型化・軽量化により資源利用削減することで生物多様性保全を考慮する製品設計や、原材料のグリーン調達、解体・分離性を高めることによる環境負荷低減などを製品アセスメントに取り入れています。更に製造時の消費電力の削減や工程の効率化による温暖化対応を行っています。