従業員との関わり

人財育成

 「人に賭ける」私たちの人財に対する考え方です。
チャレンジしたい、成長したいという社員の自己実現への意欲を積極的に支援し、社員一人ひとりが、よりレベルの高い仕事に自ら手を上げ挑戦し、創造的で自立したプロフェッショナルとして持続的に成長していくよう促します。

人財育成の取り組み

人材育成の方針

 社員が仕事を通じて成長できるよう中期的なキャリアデザインを支援し、「評価」「配置」「能力開発」を連携し、バランスよく総合的かつ長期的な育成をはかります。
 仕事を通じて多くの人とかかわり、相互に教え学びあい、やり遂げていくことこそ、自己実現の達成に近づき、成長が実感できます。そして、さらなる成長意欲を支援するために、スキル・知識等の習得にかかわる教育・研修や自己啓発支援施策など、社員の成長段階に応じた機会を提供します。
 「実践(仕事)」と「理論(能力開発施策)」の両輪を充実させ、プロフェッショナルな社員を創出していきます。

人材育成体系図

人材育成体系図

 研修と制度を連携させています。
 階層別研修:新入社員から役員までの階層に応じた役割と求められる行動
 課題別研修:業務遂行に必要な基礎力、論理的思考力・コミュニケーション力・ビジネス基礎知識
 機能別研修:各部門におけるプロフェッショナルとなるよう専門知識やスキルを学ぶ

人事考課と面接を通じた育成

 年2回、人事考課を実施し、それに合わせて上長と面接の場を設けています。
 人事考課は、能力・意欲行動・業績の観点で評価をして、その結果は面接で社員にフィードバックします。また、社員の強みや啓発点も伝え、成長に向けた上長の期待や社員自身の目標を上長と部下ですりあわせ、さらに今期の業務テーマや進め方を面接で共有しています。社員一人ひとりに対し、仕事を通じた成長を促しています。

キャリア開発支援

 社員がこれまでの経験した仕事などを振り返り、将来の方向性やキャリアプランを考え、今後の仕事への要望を上司と共有する「自己申告制度」を導入しています。
 毎年、社員の中期的なキャリアデザインを定期的に考え上司と共有し、研修、ローテーション、日常の業務などを通じて、社員の自己実現に向けての支援を行なっています。
 また、定期的に年齢に応じたキャリアマネジメントセミナーを開催し、キャリアプランを見直し考える一助としています。

育成型ローテーションによる幅広く対応できる人財の育成

 業務を通じた人財育成として、育成型ローテーションを実施しています。特に若手層の社員は、複数の業務や部門の経験を通じて、一人ひとりの職務範囲の拡大と、広い視野、高い視点、柔軟な感覚を身につけることとを狙っています。
 また、社内外の人脈を広げ、複数部門の仕事を通じて得た視点やノウハウや知識を、今後の業務に役立てることを目的としています。

「海外トレーニー制度」によるグローバル人財の育成

 若手・中堅社員を海外現地法人や外部機関へ1年間派遣し、実務、実習を通じて学ぶ「海外トレーニー制度」を実施しています。海外でのビジネスや生活を体験することを通じて、文化・慣習の理解や語学習得など、国際的な視野や行動力を持った「グローバル人財」に育成することが目的です。

「アルプスジャパントレーニー制度」による海外現地法人幹部人財の育成

 グローバルでの人財育成施策の一環として、海外現地法人幹部人財の育成を目的とした「アルプスジャパントレーニー制度」を実施しています。現地法人の部課長クラスのトレーニーは、1年間の日本でのビジネス体験を通じて事業運営と共に企業文化を体得し、将来、現地法人の幹部として日本と現地のかけ橋になることを期待されています。

リスクマネジメントの考え方