logo

  • btn_lang_jp
  • btn_lang_jp
展示/出展製品についてのお問い合わせ

会 期  :2018年10月16日(火)~19日(金)
会 場  :幕張メッセ(千葉県千葉市)
出展位置 :電子部品・デバイス&装置エリア H109


自動運転へ向けた
プレミアムテクノロジーコクピットを初展示。

アルプス電気は「CEATEC JAPAN 2018」にて、昨今、大きな技術トレンドとなっているCASE(Connected、Autonomous、Shared & Services、Electric)やIoT(Internet of Things)等の市場に向けた最新の製品、技術を出展します。


主な出展製品

未来型プレミアムテクノロジーコクピット

Autoデバイス
Bluetooth®5 モジュール(Low Energy)
LTE/5Gモジュール
磁気式ステアリングアングルセンサ
コアレス車載用電流センサ

IoT
作業者見守りシステム(シマブン社協業事例)
工場設備保全システム(DSPC社協業事例)
IoT FastKit™

テクニカルデモコーナー
アドレッサブルマーカー(光学/電磁誘導技術紹介デモ)
HAPTIC™リアクタ連動式からくり装置(電磁誘導技術デモ)



■ ピックアップ製品

プレミアムテクノロジーコクピット

自動運転に関する規定の一つ、「R79」に準拠し、アルプス電気のデバイス技術を集結させたコクピットです。安心・安全が高次元で求められる自動運転システムに最適な、当社の高機能デバイスを紹介します。
プレミアム静電入力操作

窓の開閉をジェスチャで行うなど、当社静電技術を応用した新しい入力形態。自動運転車における、車内のシームレス化に対応し、プレミアム感のある入力操作を創り出すことで、ドライバーへワンランク上のユーザーエクスペリエンスを提供します。また、ステアリング部にも同技術を搭載。タッチ、グリップをも検知し、ドライバーの手の動きを精密に追うことで「R79」に準拠するために必要となる、ハンズオフ検知が可能です。
© 2018 ALPS ELECTRIC CO., LTD.