logo

BioPh Japan 2019(バイオ医薬品向け製品・サービス展)出展のお知らせ

アルプスアルパイン(旧アルプス電気)は3月18日から20日に東京ビッグサイトで開催されるBioPh Japan 2019(バイオ医薬品向け製品・サービス展)へ出展いたします。
長年にわたり民生市場や車載市場、産業機器市場などで培った微細加工技術を応用したマイクロ流路を出品し、疾病検査市場やバイオやナノレベルの新たな創薬開発における機器の小型化および、検査工程の効率化・迅速化に貢献する当社のソリューション提案を行います。

ブース概要

会期: 2019年3月18日(月)- 20 日(水)
会場: 東京ビッグサイト 東1・2・3ホール
ブース: 東1ホール 1F-06
map
photo

出展製品

thumbnail
カラム内蔵 マイクロ流路プレート
“ Coluful™ “

疾病検査用のLC機器注1などで使用されるカラムを内蔵したマイクロ流路プレートです。カラム材には反応面積が広いシリカモノリス注2を採用したことで、少ない検体と少ない試薬での検査が可能となり、また、低圧送液(1MPa以下)であるため、LC機器の小型化と検査の迅速化を実現。これにより、診断までの時間短縮が図れ、予防医療や早期治療などにより総医療費の低減にも貢献できます。さらに、本製品はプレートタイプであるため、これまで専用オペレータを配置し手動で行ってきたカラム交換の自動化にも対応可能です。

thumbnail
疾病検査用小型LC機器
(PoC)

マイクロ流路プレート“Coluful™”を使用することで実現できる疾病検査用小型LC機器(PoC)を参考展示。低圧送液による検査が可能である本製品の特徴を生かし、装置部品を小型化したことで、卓上サイズに納まるコンパクトモデルです。

thumbnail
マイクロ流路プレート
“ Senclear™ ”

創薬開発のトランスレーショナルリサーチを大幅に短縮することが可能な、積層構造型のマイクロ流路プレートです。アルプスアルパイン独自の接着剤レス高強度接合プレートであるため、コンタミネーションレスと低自家蛍光を同時に実現。混合、分離、攪拌、反応場など用途に合わせた3次元の流路構成が可能となるほか、流路プレート内にC、Pt、Ag/AgCl、Ag、絶縁層、保護層など各種電極形成が可能で検出測定にも対応します。

© 2019 ALPS ALPINE CO., LTD.