logo

人とくるまのテクノロジー展 2019 横浜 へご来場いただきありがとうございました。

アルプスアルパインは、自動車業界の最新技術・製品が集まる専門展示会「人とくるまのテクノロジー展 2019 横浜」へ出展。次世代の自動車へ向け、新しい付加価値を創り出すデバイス・システムを実働展示とともに紹介しました。
ブース内で配布していたパンフレットやデモの動画を公開しております。ぜひ、ご覧ください。

出展報告

製品パンフレットを一括ダウンロードできます。

btn_pamphlet_dl

展示/出展製品に関するお問い合わせはこちらへ。

btn_inq

Movie

ピックアップ製品

thumbnail
熱転写加飾印刷×高感度静電検出技術

当社独自の熱転写加飾印刷(高精度多層印刷)により再現したリアルフェイクパネルに、静電センサを組み合わせた新しい入力ソリューション。木目や金属など再現の難しい素材も、印刷技術のみで見た目、手触りをリアルに作り出せるほか、ステルス印刷にも対応可能。これにより車室内のあらゆるものを、デザイン性の高い入力機器として活用できます。
※裏面から照光させ印刷部を表示させるための印刷方法



thumbnail
ブロックチェーン活用デジタルキー

Car Connectivity Consortium (CCC) 公表のホワイトペーパーに準拠しつつ、ブロックチェーンのメリットを活用したデジタルキーの研究を開始。システム動作の遅延や圏外時の不安を低減しつつ、サーバーでの管理が不要となるため、低コストかつセキュアに利用することができます。カーシェアリングやバレーパーキング、車を修理へ出すなどのユースケースを想定した実働展示を会場にてご覧ください。

thumbnail
磁気式角度センサ/磁気式エンコーダ

回転角度/ストローク検知センサは、車体のさまざまな状態を高精度に検知可能な磁気センサ。当社独自のセンシング素子により強磁場で使用できるため、外乱磁場環境でも安定した検出が可能です。またインクリメンタル出力センサは着磁ピッチフリーでレイアウトの自由度が高いことが特徴。使用しやすく安定した検出ができる2つのセンサを会場では実働展示とともにご紹介します。


磁気式角度センサ
磁気式エンコーダ
thumbnail
車両接近警報(eSound)

欧州の国際基準法により、モーターで走行する電気自動車やハイブリッド車に対し「車両接近通報装置」を設置することが義務付けられました。この度展示する車両接近警報(eSound)は、リアルなエンジン音を再現することで、この基準に準拠し、歩行者に自動車の接近を知らせることができるシステムです。長年に渡り音響関連の開発に取り組んできたアルパインの技術により、車種に合わせた絶妙な音のつくりこみが可能です。

thumbnail
 

 

thumbnail
 

 

出展製品

タッチインプットモジュール
ハプティック® リアクタ
ハプティック® ジェネレータ
アナログプッシュデバイス
ブロックチェーン活用 デジタルキー
光源用非球面ガラスレンズ
コネクテッドビークルソリューション
 (通信モジュール)
© 2019 ALPS ALPINE CO., LTD.