CSRマネジメント

 

CSR活動推進と体制

CSR活動推進と体制

 アルプス電気グループのCSR活動は、各部門がプロアクティブに推進しています。その各部門での活動実績や課題等の取りまとめは経営企画室が行い、四半期ごとに取締役会に報告しています。

 アルプス電気グループでは、3年ごとに中期活動方針を定め、CSR活動を推進しています。現在、第4次中期(2016年度~2018年度)にあたり、CSR課題の活動に携わる各部門が、それぞれに中期目標を掲げ、取り組みを推進しています。

アルプス電気グループ 第4次CSR活動中期方針

アルプス電気グループ 第4次CSR活動中期方針

2016年度 振り返り

全体 ・ESG外部評価結果を社内で共有。
 外部評価検討を行い、施策の見直し検討や評価スコア改善のための情報開示準備を開始しました。
・外部講師による、役員・関係者向けESG投資勉強会を実施しました。
E(環境) ・事業所における地球温暖化対策、設計・製造における資源の有効活用(材料歩留、材料ストレート
 通過率)、水使用量、環境配慮製品の拡販については、目標を達成。
 ただし、物流における地球温暖化対策、廃棄物全排出量の削減については、目標より遅れていま
 す。
・生物多様性調査をアルプス電気本社(東京都大田区)にて実施しました。
S(社会) ・日本国内では、EICC(Electronics Industry Citizenship Coalition)が定める行動規範等、外部基準
 に対応した方針・規定を整備。海外現法に向けては、CSR意識醸成を目的に、拠点CSRリーダー向
 けのCSR教育を実施しました。
・法令、外部団体方針や基準に則ったCSR調達強化検討のため他社CSR調達方針等の調査を開始しま
 した。
G(ガバナンス) ・監査等委員会設置会社への移行。コーポレートガバナンス・コード対応は、アルプス電気の関連部
 門、アルパイン(株)、(株)アルプス物流と連携し、計画通りに実施しました。
・リスクマネジメントの強化については、コミッティーを通して、リスクマップ作成などに着手。
 ただし、危機管理マニュアル等の再整備は完了できず、2017年度施策としています。

SDGsと私たちの事業

私たちは企業理念として「アルプスは人と地球に喜ばれる新たな価値を創造します。」を掲げています。その精神は国連の2030年目標であるSDGsで求められる地球環境の保護や、誰ひとり取り残さないという人権尊重の考え方に賛同するものであり、企業市民としての取組みを推進しています。
社内活動はもとより、ものづくり企業としてのイノベーション推進、製品やソリューションの提供で、地球環境の保全と多くの人々の健康と幸福に貢献して行きます。
目標 関連リンク
目標 1
あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ
-
目標 2
飢餓に終止符を打ち、食糧の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、持続可能な農業を推進する
-
目標 3
あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する
アプリケーション別製品一覧(製品による社会への貢献):
http://www.alps.com/products/j/set/index.html
目標 4
すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する
ステークホルダーとのコミュニケーション(ものづくり教室 等での貢献):
http://www.alps.com/j/csr/community/index.html
目標 5
ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る
ダイバーシティへの取り組み:
http://www.alps.com/j/csr/worker/diversity.html
目標 6
すべての人々に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する
-
目標 7
すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する
アプリケーション別製品一覧(製品による社会への貢献):
http://www.alps.com/products/j/set/index.html
目標 8
すべての人々のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワークを推進する
人財育成:
http://www.alps.com/j/csr/worker/grow.html
労働安全:
http://www.alps.com/j/csr/worker/safety.html
目標 9
レジリエントなインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、イノベーションの拡大を図る
アプリケーション別製品一覧(製品による社会への貢献):
http://www.alps.com/products/j/set/index.html
目標 10
国内および国家間の不平等を是正する
ダイバーシティへの取り組み:
http://www.alps.com/j/csr/worker/diversity.html
目標 11
都市と人間の居住地を包摂的、安全、レジリエントかつ持続可能にする
アプリケーション別製品一覧(製品による社会への貢献):
http://www.alps.com/products/j/set/index.html
目標 12
持続可能な消費と生産のパターンを確保する
取引先との関わり(原材料調達 等):
http://www.alps.com/j/csr/supply/index.html
目標 13
気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る
製品一覧(省エネ、エネルギー管理デバイス 等):
http://www.alps.com/products/j/index.html
省エネルギーへの取組み:
http://www.alps.com/j/csr/environment/envi_prev.html
目標 14
海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する
-
目標 15
陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る
生物多様性への取組み:
http://www.alps.com/j/csr/environment/envi_div.html
目標 16
持続可能な開発に向けて平和で包摂的な社会を推進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供するとともに、あらゆるレベルにおいて効果的で責任ある包摂的な制度を構築する
取引先との関わり(紛争鉱物への取組み 等):
http://www.alps.com/j/csr/supply/index.html
アプリケーション別製品一覧(製品による社会への貢献):
http://www.alps.com/products/j/set/index.html
目標 17
持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する
お客様との関わり: http://www.alps.com/j/csr/customer/index.html
取引先との関わり: http://www.alps.com/j/csr/supply/index.html
ステークホルダーとのコミュニケーション: http://www.alps.com/j/csr/community/index.html

ISO26000対照表

社会的責任に関する国際規格ISO26000の7つの中核主題に該当する当社の取組みです。
ISO26000
中核主題
課題 掲載ページ
組織統治 課題1: 組織統治 公正な経営
http://www.alps.com/j/csr/manage/index.html
(コーポレートガバナンス、コンプライアンス 等)
人権 課題1: デューディリジェンス
課題2: 人権に関する危機的状況
課題3: 加担の回避
課題4: 苦情解決
課題5: 差別及び社会的弱者
課題6: 市民的及び政治的権利
課題7: 経済的、社会的及び文化的権利
課題8: 労働における基本的原則及び権利
お客様との関わり
http://www.alps.com/j/csr/customer/index.html
(製品安全、研究開発 等)

従業員との関わり
http://www.alps.com/j/csr/worker/index.html
(労使関係、労働安全 等)

取引先との関わり
http://www.alps.com/j/csr/supply/index.html
(紛争鉱物への対応 等)

公正な経営
http://www.alps.com/j/csr/manage/index.html
(コンプライアンス 等)
労働慣行 課題1: 雇用及び雇用関係
課題2: 労働条件及び社会的保護
課題3: 社会対話
課題4: 労働における安全衛生
課題5: 職場における人財育成及び訓練
従業員との関わり
http://www.alps.com/j/csr/worker/index.html
(労使関係、労働安全 等)
環境 課題1: 汚染の予防
課題2: 持続可能な資源の利用
課題3: 気候変動の緩和及び気候変動への適応
課題4: 環境保護、生物多様性、及び自然生息地の回復
環境への取り組み
http://www.alps.com/j/csr/environment/index.html
(環境経営の推進、製品での環境貢献、省エネ、
省資源、生物多様性の取組み 等)
公正な事業慣行 課題1: 汚職防止
課題2: 責任ある政治的関与
課題3: 公正な競争
課題4: バリューチェーンにおける社会的責任の推進
課題5: 財産権の尊重
公正な経営
http://www.alps.com/j/csr/manage/index.html
(コンプライアンス 等)
消費者課題 課題1: 公正なマーケティング、事実に即した偏りのない情報、及び公正な契約慣行
課題2: 消費者の安全衛生の保護
課題3: 持続可能な消費
課題4: 消費者に対するサービス、支援、並びに苦情及び紛争の解決
課題5: 消費者データ保護及びプライバシー
課題6: 必要不可欠なサービスへのアクセス
課題7: 教育及び意識向上
お客様との関わり
http://www.alps.com/j/csr/customer/index.html
(製品安全、研究開発 等)
コミュニティへの参画及びコミュニティの発展 課題1: コミュニティへの参画
課題2: 教育及び文化
課題3: 雇用創出及び技能開発
課題4: 技術の開発及び技術へのアクセス
課題5: 富及び所得の創出
課題6: 健康
課題7: 社会的投資
お客様との関わり
http://www.alps.com/j/csr/customer/index.html
(研究開発 等)

ステークホルダーとのコミュニケーション
http://www.alps.com/j/csr/community/index.html
(お客様、地域社会とのコミュニケーション)