お客様との関わり

知的財産

 知的財産の創出、維持・管理、活用などの活動は、企業の持続的な成長に資する事業活動の一つと位置付けています。アルプスアルパインは、事業の成長基盤となるコア技術・製品の領域における自社創出の知的財産の強化を図り、大学や他社との共同開発・アライアンスによる知的財産の創出・活用のスピードアップを推進しています。

基本方針

知的財産基本方針

プロダクトライフサイクルと連動した知的財産活動

 アルプスアルパインでは、事業や商品群の創生、成長、成熟などにわたるプロダクトライフサイクルを創生期(CTB:Create the Business)、成長期(GTB:Get the Business)、成熟期(MTB:Maintain the Business)、終息期(WTB:Watch the Business)と区分けし、それぞれ異なる知的財産戦略を実践しています。
 CTBからGTBの時期には、知的財産権の自社創出による出願・権利化を図ると共に、外部とのアライアンスやライセンスなどの活動支援を行います。一方で、MTBからWTBに移行する時期には、新事業への転用及び事業撤退について検討します。プロダクトライフサイクルとの連動により、急速な市場変化の中でも生き残りと成長の機会の確保につなげる活動を行っています。

プロダクトライフサイクルと連動した知的財産活動

保有知的財産の強化

保有特許(利用可能特許)の強化

 新製品の企画・開発初期の段階において、製品展開が想定される製品群に共通する特徴を抽出し、基礎的な知的財産権の出願を行うと共に、市場動向や製品化動向に応じた外国出願により、保有知的財産の増強を図ります。
 また、複数の事業領域にまたがって使用される技術を軸にした知的財産ポートフォリオの構築等の横断的活動を行うため、技術部門及び知的財産部門で定期的に戦略会議を開催し、事業創出ステージに応じた取り組みを行っています。
 国内外における特許等出願も強化を継続しており、2017年度には約800件出願しています。

発明創出の推進

 アルプスアルパインでは、知的財産取扱規定の改定を行い、新たな報賞制度を2016年度から導入し、発明に対するインセンティブを高めています。
 その一つが、発明等の創出に顕著な功績がある社員へ称号(パテントフェロー)を授与する制度です。称号獲得者は、発明創出につながる様々な発想法や視点、行動を後進に指導することで発明者の育成に貢献しています。また、称号授与制度は、人事制度とも連携しており、知的財産活動の推進につながっています。