直近の業績概要

  • 直近の業績概要

電子部品事業

電子部品事業売上高(億円)棒グラフ

●売上高、営業利益ともに過去最高を記録
 車載市場では、CASEに対応した開発活動の活発化によって更に電装化ニーズが高まり、モバイル市場ではスマートフォンの成長は減速傾向ながら、高機能化の流れがありました。また、ゲーム機向けではVR搭載製品の伸長や、IoT市場ではさまざまな業界で多様なビジネスモデルが生まれ始めました。
 この中で、車載市場では操作入力機器を中心に全体に堅調さを保ち、民生その他市場ではスマートフォン向け製品が業績を牽引しました。更にゲーム機向けではハプティック®が着実な伸びを示しました。併せて為替が円安に推移したこともあり、業績は着実に拡大し、売上高、営業利益ともに過去最高を記録しました。

電子部品事業

車載市場

●自動車の電子化が一層加速する中、堅調に推移
 電子シフターやドアモジュールなどの操作入力機器や、車内外で情報をつなぐ需要が一層高まりBluetooth®、W-LANなどの通信用高周波製品が伸長。センサをはじめとした車載デバイス製品など、全般にわたって堅調に推移しました。

民生その他市場

●アクチュエータが拡大し、ゲーム機やエネルギー向けも進展
 モバイル市場では、スマートフォンに搭載されるカメラ用アクチュエータが拡大し、スイッチなどコンポーネント製品も順調に推移しました。ハプティック®は、ゲーム機市場の活況により好調さを持続するとともに、さまざまな市場への展開にも取り組みました。EHIIでは、大手重電企業や電力会社との電流センサを用いたエネルギー・マネジメントに関する取り組みが進展しました。

車載情報機器事業

車載情報機器事業

●市販市場向け、純正品ともに大きく伸長
 アルパイン(株)(東証一部)は、グループ再編による構造改革を推進し、強固な事業基盤を構築。国内市販市場においては、アルパインブランドによる「車種専用」製品の売上が伸びました。また新規ビジネスとして「アルパイン・カスタマイズカー」の販売を開始し、お客様の「こだわり」を追求します。純正品においては、欧州自動車メーカー向け売上が順調に伸び、為替の円安傾向も受けて、期初予想を上回る業績となりました。

車載情報機器事業売上高(億円)棒グラフ

物流事業

物流事業売上高(億円)棒グラフ

●国内外での倉庫・支店を開設し、グローバルにネットワークを拡充
 (株)アルプス物流(東証二部)では、顧客開拓と取扱貨物量の拡大を図り、本年5月、埼玉県加須市に大型倉庫が完成。海外展開としては、中国で倉庫の拡張や支店を開設。ベトナムとインドに現地法人を設立。北米では米国に営業事務所、メキシコで2社目の現地法人を設立するなど、グローバルに拠点・倉庫・ネットワークの拡充を図りました。

物流事業

円グラフ

連結業績の概況

売上高 グラフ

営業利益・営業利益率 グラフ

親会社株主に帰属する当期純損益・1株当たり当期純損益 グラフ

自己資本比率 グラフ

配当金推移 グラフ

連結貸借対照表の概要(単位:億円)

連結貸借対照表の概要


ポイント


(1) 流動資産

 流動資産は、受取手形及び売掛金、たな卸資産、現金及び預金の増加等により、前連結会計年度末と比べ302億円増加の4,099億円となりました。

 

(2) 固定資産

 固定資産は、機械装置及び運搬具、工具器具備品及び金型、無形固定資産及び投資有価証券の増加等により、前連結会計年度末と比べ386億円増加の2,618億円となりました。

 

(3) 負債合計

 流動負債は、未払費用、賞与引当金、製品保証引当金の増加と、支払手形及び買掛金、短期借入金の減少等により、前連結会計年度末と比べ96億円増加の1,977億円となりました。
 固定負債は、長期借入金の増加と、退職給付に関わる負債の減少等により、前連結会計年度末と比べ44億円増加の581億円となりました。



連結損益計算書の概要(単位:億円)

連結損益計算書の概要


連結キャッシュ・フローの概要(単位:億円)

連結キャッシュ・フローの概要


設備投資・減価償却費・研究開発費の推移(単位:億円)
※内訳には連結消去を含んでおりません。

設備投資

設備投資 グラフ

減価償却費

減価償却費 グラフ

研究開発費

研究開発費 グラフ

地域別売上高構成比

地域別売上高構成比