直近の業績概要

  • 直近の業績概要

電子部品事業

電子部品事業売上高(億円)棒グラフ

●車載市場売上は増加、民生その他市場で売上減少するも期初予想の業績を上回る
 自動車市場で、CASEへの開発活動が具体化し、AI搭載の動きや自動運転でのルールの整備なども進みつつあります。モバイル市場では、高機能化された新製品スマートフォンが投入され、対応部品へのニーズも高水準になることが期待されています。IoT市場は、さまざまな企業との協業が増してきました。
 この中で、車載向け製品では操作入力機器や通信用高周波製品等が全般にわたり堅調でしたが、民生その他市場では、スマートフォン向けカメラ用アクチュエータは高機能製品の拡大により堅調に推移したものの、他のコンポーネント製品が軟調となり、前年同期比で売上・利益ともに減少しました。

電子部品事業

車載市場

●車載市場全般で堅調に推移し、新規ビジネスの獲得に取り組む
 電子シフターやドアモジュールなどの操作入力機器や、Bluetooth®、W-LANなどの通信用高周波製品が堅調に推移しました。また、二輪車の安全開発に取り組むNPOに加入し、更にCASE領域新規ビジネスの獲得にも取り組んでいます。

民生その他市場

●IoTで幅広い分野への拡大
 スマートフォン出荷台数の減少傾向を受け、一部コンポーネント製品が軟調に推移しました。IoTでは、世界有数の物流企業とのコラボレーションをはじめ、建設、医療などの分野での採用も進んでいます。

車載情報機器事業

車載情報機器事業

●純正品売上が好調、将来の成長に向けた取り組みを推進
 アルパイン(株)(東証一部)は、EVやシェアリングの市場規模拡大が期待される中国自動車市場での活動強化に向け、持分法適用関連会社Neusoft Reach Automotive Technology (Shanghai) Co., Ltd.への増資を行い、車載情報システムのトータルソリューション企業を目指し、成長に向けた取り組みを推進しています。
 欧州自動車メーカー向けの売上が好調に推移したことに加え、生産コストの削減や効率化を進めたことから、売上・利益ともに前年同期を上回りました。

車載情報機器事業売上高(億円)棒グラフ

物流事業

物流事業売上高(億円)棒グラフ

●グローバルに拠点・倉庫・ネットワークの拡充
 (株)アルプス物流(東証二部)では、ネットワークの拡充と取扱貨物量の拡大を図り、本年5月、埼玉県加須市に大型倉庫が竣工。中国やシンガポールでの倉庫拡張、インドとベトナムで事業拡大のため体制整備を行いました。国内外での拡販により売上は増加しましたが、新拠点の立ち上げ費用などのコスト増加により減益となりました。

物流事業

円グラフ

連結業績の概況

売上高 グラフ

営業利益・営業利益率 グラフ

親会社株主に帰属する当期純損益・1株当たり当期純損益 グラフ
※2018/9為替レート:米ドル/円110.26・ユーロ/円129.85                                   

自己資本比率 グラフ

配当金推移 グラフ

連結貸借対照表の概要(単位:億円)

連結貸借対照表の概要


ポイント


(1) 流動資産

 流動資産は、受取手形及び売掛金、たな卸資産の増加等により、前連結会計年度末と比べ160億円増加の4,163億円となりました。

 

(2) 固定資産

 固定資産は、機械装置及び運搬具、建物及び構築物、無形固定資産の増加と建設仮勘定の減少等により、前連結会計年度末と比べ74億円増加の2,769億円となりました。

 

(3) 負債合計

 流動負債は、支払手形及び買掛金、短期借入金の増加等により、前連結会計年度末と比べ53億円増加の2,029億円となりました。
 固定負債は、長期借入金の増加と繰延税金負債、退職給付に係る負債の減少等により、前連結会計年度末と比べ8億円増加の572億円となりました。



連結損益計算書の概要(単位:億円)

連結損益計算書の概要


連結キャッシュ・フローの概要(単位:億円)

連結キャッシュ・フローの概要


設備投資・減価償却費・研究開発費の推移(単位:億円)
※内訳には連結消去を含んでおりません。

設備投資

設備投資 グラフ

減価償却費

減価償却費 グラフ

研究開発費

研究開発費 グラフ

地域別売上高構成比

地域別売上高構成比