自動車産業はいま、「100年に一度」と言われる大変革の真っ只中にあり、クルマ自体の存在価値が大きく変わろうとしています。そんな時代にアルプス電気は、独自の技術力や提案力でさまざまな取り組みを進めています。そこで今回、ジャーナリストとしてこの世界を長く見続けてきたカーグラフィック代表の加藤哲也氏を迎え、アルプス電気専務の木本隆へのインタビューを行なっていただきました。

自動車の大変革時代に

加藤氏
クルマという製品は発明以来、ある程度のフォーマットが固まって、そのなかで進化してきたものが、まったく違うフェーズに入っていることを最近ひしひしと感じます。そんな時代に、アルプス電気が果たす役割は大きいのではないでしょうか?

木本
我々が得意とする技術は、情報を計測・判別する「センシング」、デバイスやシステムをつなぐ「コネクティビティ」、人と機械を結びつける「HMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)」などですが、これらはもともと他の分野で手掛けていたものを自動車に使えないかと提案し、実際のビジネスへとつなげることができました。今はローカレントのデバイスやセンサ、そしてより高級感のある車室内空間や操作性が求められるので、アルプス電気の出番が増えている実感があります。

加藤氏
自動車の大変革を象徴するキーワードに「CASE(Connected、Autonomous、Shared & Services、Electric)」がありますが、Autonomousの自動運転などは特にアルプス電気の技術が大きく関わるのではないかと思います。そのあたりの将来像はどうお考えですか?

木本
自動運転は今後レベル3からレベル4、5へと進化していくと思いますが、すべてセンサと通信技術がなければ成り立ちません。デバイスやシステムを仕上げていくだけでなく、耐久性も追求しなければならない。自動運転ではそれぞれの電子部品が自己診断してみずからの寿命を予見し、交換時期を通知する必要があると考えています。すべての部品が正しく機能していることが前提なので、ひとつでも欠けるとシステム自体が止まってしまいます。そこを担う部品メーカーの役割は大きいと捉えています。

カーグラフィック代表 加藤氏 加藤氏
以前にJAIA(日本自動車輸入組合)が主催した合同試乗会で輸入車のあるブランドを試乗し、本格的な自動運転を体験しました。走行中はレーンの中央にクルマを置いていると思うのですが、自分が走りたい位置と微妙に異なっていて、それがストレスになると感じました。

木本
おっしゃるとおりで、自動運転中のブレーキの踏み方ひとつでもそうですが、自分の運転とは違う行動を取るのでまだ違和感があります。ですからドライバーの好みやクセを自動的に学習して、反映させていくようなものに変わっていくのではないでしょうか。

加藤氏
今年のCEATECでも、CASEに向けた新たな取り組みをご紹介予定と聞いています。

アルプス電気専務取締役 木本 隆 木本
自動運転の実現に向けて、業界全体でR79等の規制整備も進んでいます。当社ではこれらの基準も満たしながら、安全かつ快適なソリューションを提案したいと考えています。具体的には、ドライバーと車両の高精度な位置測位や、ドライバーモニタリング、静電による直感操作などです。これらの技術を、コックピットに搭載した実働デモも交えご覧頂く予定です。

加藤氏
自動運転に関してもうひとつ、これは究極の話ですが、事故が避けられない状況となって周囲にはさまざまな歩行者がいるとします。このときクルマが避けるべきなのは、歩行者の人数が多い側なのか、あるいは大人か子供か年齢で決めるのか、そんな判断をはたして機械が下せるのかという疑問があります。

木本
倫理的なことなど多くの要件があり、難しい問題です。我々もそうですが、自動車メーカーも技術の進化とは別の次元で頭を悩ませていると思います。自動運転の事故については、実例を映像で見るなどして検証しました。同様の事故は今後も起こる可能性がゼロではないと思いますが、その数は機械が運転する方が圧倒的に減っていくのではないでしょうか。そのような観点で考えてみると、自動運転の普及にともない、機械が行ってよいこと、人間がやらなければいけないことが分かれていくと思います。

加藤氏
運転の歓びに関しては、HMIの技術でおぎなっていくのですか?

木本
自動運転が進化すると、乗車中のドライバーやパッセンジャーの行動も変わっていくことが予測されます。ステアリングから手を離せるので、仕事や用事をこなす人や、インフォテインメントを楽しむ人もいるでしょう。そんな状況に合わせて、我々の作るHMIも変わっていかなければなりません。スマホと同じく直感的なタッチ操作ができるものや、ジェスチャーや音声で指示できるなど、そういった開発も加速していくでしょう。ディスプレイもヘッドアップ形式が増え、手元で自由に操作できるマウスのようなものが必要になるかもしれません。

加藤氏
やるべきことは、これからもたくさんあるのですね。

加藤 哲也氏

加藤 哲也(かとう てつや)
株式会社カーグラフィック代表取締役社長、カーグラフィック元編集長。
1959年東京生まれ。映画監督を夢見て大学で演劇を専攻し、卒業後はテレビ番組制作の仕事に就く。
1985年かねてから愛読していた「カーグラフィック」の編集部に入り、副編集長を経て2000年に編集長となる。2010年株式会社カーグラフィックを設立し、代表に就任。
カーグラフィック

続きをお読み頂くには、メールアドレス、お名前、会社名、部署名、役職のご入力が必要です。
・「当サイトご利用にあたって」および「個人情報保護方針」を必ずお読みください。
・ご提供いただいたお客様情報は、お問い合わせへのご対応以外にも、製品やサービスに関するお知らせ、アンケートのお願い等に利用する場合がございます。

SHARE