製品情報

こちらに記載されている内容は報道発表日時点の情報です。
ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

2019年08月05日

[製品情報]

気圧・水圧を1つのセンサで計測
社内設計ノウハウを生かした専用ASICにより低消費電流を実現

デジタル防水気圧センサ「HSPPAD143A」の量産を開始

「デジタル防水気圧センサ「HSPPAD143A」の量産を開始」拡大写真

閉じる

アルプスアルパイン株式会社(TOKYO:6770、社長:栗山 年弘、本社:東京(以下、アルプスアルパイン)は、ウェアラブルデバイスやガスメータへ幅広く応用できる、デジタル防水気圧センサ「HSPPAD143A」の量産を始めました。

IT専門調査会社IDC Japanが発行する最新の「Worldwide Quarterly Wearable Device Tracker」によると、ウェアラブルデバイス市場は2019年から22年にかけて、年間平均10%以上の成長率が見込まれており、22年には出荷台数がおよそ2億台まで増加すると予測されています。

昨今では、スマートウォッチを中心にウェアラブルデバイスの多機能・高機能化が進み、ナビゲーションや健康管理、各種スポーツデータの記録など、さまざまなソフトウェアやアプリケーションが登場しています。これに伴い同デバイスは、通勤・通学などの日常生活に限らず、登山やダイビングといったアクティビティでの利用シーンも拡大し、「高度や水深など外部環境の情報把握」といったニーズが高まっています。

この度、新たに開発した「HSPPAD143A」は、圧力の計測範囲を従来品の300~1100hPaから300~2100hPaに拡大するとともに、防水構造としました。これにより、標高9000mの低圧環境から水深10mの高圧環境まで、空気・水の媒体を問わず1つのセンサで計測可能となりました。また本製品には、当社がこれまで社内で蓄積してきたIC設計のノウハウを生かした、フルカスタムの専用ASICを搭載。これにより1.8μA(Low Power Mode時)の低消費電流を実現し、セットの長時間稼働に貢献します。

その他、FIFOメモリの搭載や、既製のOリングとの組み合わせによるセット設計の簡略化など、お客様が扱いやすいよう設計を施すことで、ウェアラブル製品のほか、ガスメータのガス圧計測など用途を限定せず、さまざまな目的でご使用いただける製品となっています。

※センサが測定した気圧データをデバイス内部で一時的に記憶し、記憶した順に読み出す機能(First In First Outの略)

【主な特長】

気圧・水圧を1つのセンサで計測、専用ASICによる低消費電流を実現

  1. 標高9000mから水深10mの広い計測範囲
  2. 1.8μA(Low Power時)の低消費電流タイプ
  3. Oリングとの組み合わせにより、簡単な機構設計で優れた防水性能を実現
  4. 17bitデジタルデータ出力(2Pa/LSB)の高分解能
  5. FIFOメモリ搭載
  6. 表面実装タイプ

【主な用途】

ウェアラブルデバイス

ガスメータ


【販売計画】

量産開始 2019年7月
サンプル価格 550円(税抜き)
月産 10万個(2019年8月予定)
開発 技術部門 長岡工場(新潟県長岡市)
生産 生産部門 長岡工場(新潟県長岡市)

 

【主な仕様】

製品名 HSPPAD143A
外形サイズ(W×D×H) 3.1 x 3.1 x 2.6mm
消費電流 1.8μA(Low power mode時)
ノイズ 2.6Pa(0.22m)(High resolution mode時)
圧力範囲 300~2100hPa
分解能 2Pa/LSB
計測精度 +/- 2hPa(<1100hPa)