ご使用上の注意

  1. 端子をはんだ付けされる場合、端子に荷重が加わりますと条件により、がた、 変形および電気的特性劣化のおそれがありますのでご注意ください。
  2. スルーホールのプリント基板および推奨板厚以外の基板をご使用される場合は、推奨基板よりも熱ストレスの影響が大きくなる可能性がありますので、はんだ付け条件については事前に十分ご確認ください。
  3. はんだ付けを2回行う場合、 1回目のはんだ付け部が常温に戻ってから行ってください。 続けて加熱しますと外郭部の変形、 端子のがた、 脱落および電気的特性劣化のおそれがあります。
  4. はんだ付けの条件の設定については、 実際の量産条件で確認されるようお願いいたします。
  5. 本製品は直流の抵抗負荷を想定して設計・製造されています。 その他の負荷[誘導性負荷(L)、 容量性負荷(C)]でご使用される場合は、 別途ご相談ください。
  6. プリント基板取付穴およびパターンは、製品図に記載されている推奨寸法をご参照ください。
  7. 当スイッチは、直接人の操作を介してスイッチを押す構造にてご使用下さい。メカ的な検出機能へのご使用は避けてください。検出機能には弊社検出スイッチをご使用下さい。
  8. スイッチ操作時に規定以上の荷重が加わるとスイッチが破損する場合があります。 スイッチに規定荷重以上の力が加わらないようにご注意ください。
  9. 操作部を横から押すような使い方は、お避けください。
  10. フラットステムタイプにおいては、なるべくスイッチの中心部を押すようにしてください。ヒンジ構造の場合は、
押下時ステム押し位置が移動しますので、特にご注意ください。
  11. スイッチを取付けた後、他の部品の接着剤硬化のため熱硬化炉を通す場合は、当社にご相談ください。
  12. タクトスイッチ®を使用するセットの周辺部材から腐食性ガスが発生しますと、接触不良などの不具合の原因になるおそれがありますので、事前に十分ご確認ください。
  13. カーボン接点の場合、押圧荷重により接触抵抗が変化する特性があります。電圧分圧回路などに使用する際は十分にご確認の上、ご使用ください。
  14. 防塵タイプ以外のものについては、異物の侵入に十分ご注意ください。
  15. 保管方法
  (1) 製品は納入形態のまま常温、 常湿で直射日光が当たらず腐食性ガスの発生しない場所に保管し、 納入から6ヶ月以内を限度としてできるだけ早くご使用ください。
  (2) 開封後はポリ袋で外気との遮断を図り上記と同じ環境下で保管し、すみやかにご使用ください。
  (3) 過剰な積重ねは行わないでください。
  (4) スイッチの操作部を押し切ったままでの保存はしないでください。

測定・試験方法

  [回転トルク(作動力)]
  軸(レバー)を回転(移動)するのに必要なトルク(作動力)を測定する。特に規定がない限り、周囲温度5~35℃で行い、軸の回転速度は毎秒60、レバーの移動速度は、毎秒20mmとする。
  [軸がた]
  基準面より、規定の曲げモーメントを互いに180°異なる方向から軸に直角に加えて、基準面から規定の位置における振れの大きさを測定する。
  [耐電圧]
  規定の箇所に交流電圧を1分間加え、アーク、焼損、絶縁破壊などの異常の有無を調べる。試験は、それぞれの端子を一括して行ってもよい。特に規定がない限り、下記の箇所の試験とする。ただし、構造上導通する機構になっているものでは、その部分の試験は行わない。
  [絶縁抵抗]
  規定の箇所を規定の電圧の絶縁抵抗計で測定する。特に規定がない限り、下記の箇所を試験する。
ただし、構造上導通する機構になっているものでは、その部分の試験は行わない。
  [耐電圧と絶縁抵抗の測定箇所]
  ・端子と軸(レバー)との間
  ・端子と金属カバー(枠)との間
  [押しおよび引張り強度(レバーの押しおよび引張り強度)]
  軸(レバー)の軸線方向に規定の大きさの力をそれぞれ10秒間加えた後、操作部および関連部分の変形、破壊、動作状態を調べる。